大木無線電気
HOME>太陽光とオール電化で節約

太陽光とオール電化で節約

電気のつくり方について

太陽電池モジュールでつくられた電気は、そのままの形では使うことができません。
発電から、家庭の電気機器を動かすまでの流れをご説明します。

太陽光発電の仕組みをご存知でしょうか。実は、従来通り、電力会社とつながっていて、電気をつくり過ぎた時は、電力会社へ売って、必要な場所へ供給してもらいます。
よく晴れて日、わが家でつくった電気はどこかで活躍しているのです。

1太陽の光から電気をつくる 【太陽電池モジュール】
このパネルで太陽の光を受けて、電気をつくります。

2家庭で使える電力に変換する 【パワーコンディショナー】
太陽電池モジュールで発電された電力(直流)を家庭で使える電力(交流)に変換。
さらにシステム全体の運転を自動管理します。

3電力を各電気機器に送る 【屋内分電盤】
発電した電力を各部屋で使えるように送ります。

4売る電力と買う電力を量る 【電力量計】
総発電量から、使用分を差し引いた電力(売電)量と、購入した電力(買電)量をそれぞれ表示します。

屋根などに設置された太陽電池モジュールに太陽光が当たると発電します。この電気は直流の為、家庭で使用できる交流にパワーコンディショナを使って変換します。パワーコンディショナから家庭の分電盤に接続し、自動的に電気を買ったり売ったりできるというしくみです。

昼間に発電した電気は家庭で利用し、余った電気は電力会社が買い取ってくれます。また、夜間など発電できない時は必要分のみを電力会社から購入し、自動的に使い分けるので、光熱費を節約することができます。ソーラー発電モニタを利用すると、発電や消費電力の様子など節約効果を目で確かめることが出来るので、暮らしの中で自然と省エネを意識することにつながります。

地球環境への貢献

地球環境への貢献 地球温暖化、大気汚染、石油・石炭などの化石燃料の枯渇など現代社会は地球環境の問題が山積みの状態です。 特にエネルギーの問題は大きく取り上げられています。

地球上に到達する太陽光のエネルギー量は膨大で、地上で実際に利用可能な量でも世界のエネルギー消費量の約50倍と見積もられています。

太陽光発電はどれだけ発電しても、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出しませんので太陽光発電でエネルギーをつくることは地球環境に非常にやさしいのです。

今後もさらに様々な分野で太陽光発電の導入が地球にとっても人類にとっても非常に重要視されてきています。


太陽光発電で節約

太陽が輝いている昼間は、太陽光発電で得た電気をつかうので電気代を大幅に減らすことができます。
むしろ消費電力より発電量が上回るケースが多いため余った電気を電力会社に売ることができるので売った電気代がプラスとして入ります。
発電できない夜間や雨などの時は発電量が足りなかったり、無かったりするので従来どおり電力会社から電気を購入します。

電力会社から購入した電気代と電力会社に売った電気代を差し引くと大幅に電気代を節約することができます。
家族みんなで取り組んで上手に節約すれば、電気代0円やプラスになる生活も夢ではありません。
 

電力会社との連携で無駄のないシステムを実現しています。

昼間に発電し使用しても余った電力は電力会社に売り、雨の日などの発電量が足りない時や発電しない夜間は従来通り電力を購入します。
電力会社との系統連系により、このような電力の売買を常に自動的に行います。


オール電化と太陽光発電


太陽光発電で発電した電気を最大限に利用できるのがオール電化です。
発電できる晴れの日の日中は電力会社の電気を大幅に抑えることができます。
余った電気がある場合は電力会社に売ることができるので光熱費がかからず費用面でプラスになることもあります。
夜間などは電力会社の電気を使うことになりますが、夜間電力が安いプランなどにしておけば光熱費を大幅に節約することが期待できます。
また、余剰電気を売った分を差し引けば実質的な光熱費は大きく節約することが可能でしょう。
何気なく使っている電気を極力自家発電でまかなう生活は家計はもちろんですが、地球環境や自然にも優しい生活なのです。

太陽光発電とオール電化でさらにお得

IHクッキングヒーターやエコキュートなどオール電化にするとガスや灯油代など無くすことができます。 その分電気代が高くなりますが、各電力会社の夜間電力が安い料金割引を有効に活用すると光熱費の大幅な削減が期待できます。

フォームでのお問い合わせ