大木無線電気
HOME>補助金・助成金について

補助金・助成金について

平成25年度の住宅用太陽光発電システム導入支援補助金について
平成25年度補助金制度の概要をご紹介いたします。

<J-PEC(太陽光発電普及拡大センター)HPより抜粋>

■補助対象となるシステムの上限金額と補助金単価の2段階化について 補助金額は1KW当たりのシステム価格(税抜き)に応じて、下記2種類どちらかの補助単価で申請することになります。

1kW当たりのシステム価格が50万円以下のもの   1.5万円/kWを補助
1kW当たりのシステム価格が41万円以下のもの   2.0万円/kWを補助

現時点ではまだ概要になります。
詳しい内容が分かり次第、また当サイトでもご案内いたします。


■申し込み期間 平成25年4月17日から受付を開始の予定です。

※詳細日程は別途お知らせ
詳細はこちら→太陽光発電普及拡大センター http://www.j-pec.or.jp/
グリーン投資減税について
グリーン投資減税とは(太陽光発電設備投資の場合)

平成23年6月30日から平成26年3月31日までの期間内に対象設備を取得した事業者は、取得価額の30%特別償却(青色申告書を提出する法人又は個人)又は7%税額控除(中小企業のみ)、取得額の全額償却(即時償却)の措置を受けられる制度です。


即時償却が可能です!


下記の要件を満たせば、特別償却として太陽光発電の取得金額の全額(100%)を償却額として必要経費または損金に算入することができます。
1:固定買取制度の事前認定開始日(平成24年5月29日)から平成25年3月末日までの間に設備を取得し
2:電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法に規定する認定発電設備に該当するものに限り
3:その取得した日から1年以内に事業の用に供した場合 →全額一括損金で償却できます!

------------------------------------
グリーン投資減税の試算例

2,000万円の太陽光発電を設置の場合(40kW~60kW程度)
グリーン投資減税での償却金額
20,000,000円×100%=20,000,000円

【試算例】(経常利益5,000万円の企業、投資全額即時償却の場合例)

①通常の法人税額  50,000,000円×40%=20,000,000円・・・(A)

②グリーン投資減税適用後の法人税額
50,000,000円-20,000,000円(全額償却)=30,000,000円
30,000,000円×40%=12,000,000円・・・(B)

③優遇となる税額  20,000,000円(A)-12,000,000円(B)=8,000,000円・・・(C)

④最終負担税額  20,000,000円(A)-8,000,000円(C)=12,000,000円
------------------------------------