大木無線電気
HOME>太陽光発電は当社におまかせ!

ここが違う!工事のこだわり!

一般住宅における屋根上施工例

太陽光パネルの荷揚げ場所を確保し、パネルボーイを設置します。

パネル単体の電圧測定により性能不良がないか確認。シリアル番号をチェックします。


足場を設置しない場合は、命綱やベルブロックを使用し落下防止対策を行います。

垂木工法の場合垂木位置を見つけて予め垂木の位置をチョークラインを用いて墨出しします。


ドリルでスレートの下穴をあけます。




 

 

下穴開けによるホコリを掃除機で吸い取ります。




 

 

スレートをマイナスドライバーなどで持ち上げ、その隙間にブチルシートを入れます。



垂木に金具をビス止めします。


金具の周囲3方向を専用コーキングでシールします。


横ラックを設置します。





 太陽光パネルを乗せる前の横ラックの設置状況。
 


太陽光パネルを横ラックに設置します。同時にパネル間の配線接続も行います。



  太陽光パネルと横ラックのアースをとります。

 

  同一面に太陽光パネルが設置された状態で、接続に問題がないか電圧を測定します。
 



  屋根上のケーブルは太陽光発電用の対候性PF管を使用し、ステンレス線で固定します。



  太陽光パネルの設置完了。

電気工事

パワコンの取付位置、高さ、出っ張り等をお客様に説明します。

養生を行い、パワコンやリモコン送信機等の配線を行います。壁・天井からの離隔距離に注意します。

配線漏れや、接続漏れの内容に配線を行います。

各機器設置後。パワコンには決められた壁との離隔があるため高さが揃わない場合があります。

売電メーターを設置できるように、メーター取付板を取り換えたり配線を行います。

接続箱にて、太陽光パネルの電圧を確認します。

パワコンの出力電圧等を確認します。


アレイテスターにより太陽光パネルの発電状態を検査します。


接地抵抗測定を行い、接地工事が適正かを確認します。

電力モニターがきちんと作動しているかを確認します。



片付けを徹底します。
後日東京電力立会のもと系統連携を行い売電が開始されます。
メーカー長期補償申請を行いお引渡しになります。